筋肉のピークは30歳代。

こんにちは(^^)/石橋です(^0_0^)

40歳を過ぎると、誰でも体力の低下に気がつきます。実際、筋肉量・筋力のピークは20歳代後半から30歳代くらいです。そのあとゆっくりと低下を始め、40歳以降は、急激に落ちていきます。

加齢によって筋肉量・筋力が低下することを「サルコペニア」といいます。特に顕著なのが脚の筋力の低下。80歳では、20歳のころに比べて半分くらいに激減すると言われています。そのまましておくとやがて、生活習慣病や転倒・骨折へとつながっていきます。

一覧に戻る